CMSを用いたWebシステム構築

CMS(Contents Management System)はデータベースを用いて誰でも簡単に更新ができるように配慮されたプログラムのことです。
CMSを用いたサイトはECサイトのみならず、企業のホームページなどでも取り入れられるようになって来ています。

ラスウェブワークスではCMSの中でもオープンソース※1 で開発が進められていて高機能なWordpress、EC-CUBEなどを用いてウェブサイト構築を行います。現在CMSはブログ型、コンテンツ管理型など、様々なタイプのものが開発されてきており、その用途も様々です。ラスウェブワークスではお客様のニーズに沿ったCMSを選定しサイトを構築いたします。

メリット

  • 基本機能として、RSS配信、サイト内検索、記事入力機能、記事投稿予約機能、お問い合わせなどが初めから使える。(必要に応じてカスタマイズ)
  • ウェブブラウザから更新するので、誰でも簡単にウェブサイトの更新ができるようになる。
  • 納期までの期間短縮
  • コストパフォーマンスに優れたサイト構築
  • オープンソースのソフトウェアの場合、全世界で開発が進められていて迅速なバグの回避、機能追加が可能

デメリット

  • 商用のソフトウェアの場合、開発元が有料でサポートをしてくれるが、オープンソースの場合それがない。

得意なサイト構築ソフトウェア

Wordpress

WordPress

GPLライセンスversion2に基づいて無料(ライセンス料の負担なし)で使用できるブログ構築用ソフトウェアです。世界中で開発が進められており、最近ではビジネスでの利用も積極的に進められています。

WordPressをCMSとして用いてカスタマイズすることで、

・企業のホームページ
・不動産物件情報サイト
・ショッピングサイト
・情報提供サイト
・コミュニティサイト
・SNS

など多方面に用途が広がっています。

ラス・ウェブワークスでは2007年(ver2.3)からWordpress開発に取り組んできました。様々なサイト構築の経験・ノウハウで丁寧に対応させて頂きます。

WordPress MU(マルチユーザー版 ひとつのワードプレスで複数のブログ・サイト管理が可能)も使用します。※Wordpress3.0以降はMUはWordpressに統合されました。

WordPress 開発ページでもっと詳しく

 
EC-CUBE

EC-CUBE

本格的なECサイト構築に使用しています。自社運営ECサイトもEC-CUBEを使って構築しています。こちらもライセンス料無料で使用できます。

※2017年3月追記:
EC-CUBEの導入・カスタマイズ受付は現在行っておりません。WordpressのWelcart、またはネットショップ管理プラグインの導入をおススメしております。

※1 オープンソースとは?
日本ではソースコードが無償で公開されていることを基本とした様々な定義(のライセンス)に「オープンソース」という表現が使われている、またはそのように判断されている場合が多い。※Wikipediaから抜粋