LHAS Blog

「なぜうちのホームページは成果が出ないのか?」

「なぜうちのホームページは成果が出ないのか?」

既にサイトがあるが、現在のサイトが芳しくないのでリニューアルを検討されている初めてのお客様からよく打ち明けられる相談です。


「なぜうちのホームページは成果が出ないのか?」に対する回答はお客様により非常にまちまちです。

大雑把に言うと、

  • ホームページの内容がユーザーに訴求できていない。
  • ホームページのデザイン(表現)がユーザーに訴求できていない。
  • ホームページは良いが、消費者の目に触れていない。
  • そもそも製品・サービス自体に魅力がない。

などがあります。

ですがその前に、
他のWEB制作会社にサイトを作ってもらったが成果が出ない。という場合にまず立ち止まって考えたいのは、制作を担当したWEB制作会社の素質・能力です。

簡単に言うと「そのWEB制作会社は、ホームページで成果を出す能力があるのか?」ということです。

ほぼすべての業界において、多くの競合が存在する現在のインターネットで、サイトが成果を出すためには様々な点を考慮する必要があります。

弊社では大きく3つのフェーズに分けて考えております。

  1. 集客(ユーザーがサイトにアクセスするまでの仕掛け作り)
  2. サイト体験(サイトにアクセスしたユーザーへのおもてなし)
  3. フォロー(サイトを認知して頂いたユーザーに対してのサポート)

それぞれのフェーズで、お客様ごとの状況に合わせて検討し、提案し、実行します。

さて、その成果を出す能力があるかどうかを測る簡単な方法があります。

それは実績を見ることです。ただし、実績とはWEB制作の実績ではありません。

WEB制作会社自身のホームページの実績、状況です。

勢いがあり、成果を出してくれるWEB制作会社は、必ず自社サイトを丹念に整備しています。例えば、上記「集客」のフェーズでは、具体的には検索エンジンからのアクセスを増やすことが目標の一つですが、ターゲットにしているであろうキーワード(WEB制作会社であれば、そのまま「WEB制作会社」や「ホームページ制作 大阪」など)で検索した際に順位はどれくらいか?

こういう質問を投げかけてもいいかもしれません。

「御社のホームページは何て言うキーワードで探したら見つかりますか?」

※但し会社名以外(会社名で上位表示は当たり前です。)

WEB制作会社なのだから、お客様のサイトを作る前に、自社のホームページで積極的に集客を図り、そこで得た知識を基に、お客様のサイトに還元する。こういうサイクルがあって当然と考えます。ウェブ上でビジネスを展開するためにサイト制作を依頼するのに、当のWEB制作会社がウェブ上でビジネスを展開していない、経験がない。このようなところでは成果の追求は難しいと言えます。

弊社も取組みはこれからと言った所で偉そうなことは言えません。ただ、「なぜうちのホームページは成果が出ないのか?」は最近本当によく耳にするので書いて見ました。

なお、この記事は、「だからうちにしましょう!」ということを言いたいのではありません。現在担当されているWEB制作会社様が素晴らしい能力をお持ちの場合、その能力を活かす形でアライアンスを組む(足りない部分を補完する)という形もあります。大事なのは、WEB制作会社はサイト制作のプロであるが、ビジネスのプロではない(場合もある)という事を頭の片隅に置いて業者選定をされることだと思います。

Blog 活動日記 2011年10月24日1:01 AM コメント(0)

コメントを書く

コメントは管理者が承認した後に表示されます。

お名前
メールアドレス
公開されません
URL
公開されません
コメント内容